バレエ関連 レッスンウェアーについて

バレエシューズのお手入れ方法

投稿日:

バレエのお稽古に一番必要なものとしてあげたいのは、

バレエシューズでしょう。

 

何ならレオタードだって、2の次くらいでも。

動きやすいTシャツやスパッツみたいなものでも、お稽古は出来ますからね。

ですが、バレエシューズはないと困ります。

 

裸足では足が痛いし、動きにくいですし、上履きみたいな靴や、スニーカーではバレエに必要な足裏の筋肉が使えない。

 

バレエでは足の指までも使わなくてはならないので、指が自由に動き、床を足裏で感じられるバレエシューズを履きます。

ルルべやタンデュといった指を使った パ(動き・ポーズのこと)を繰り返し練習することで、バランス感覚を整え、トゥシューズで立つための筋肉や足全体の強さを鍛えていきます。

 

バレエシューズの種類

バレエシューズには、ソールの形が2種類あります。

ソールがかかとと足の前がわに2つ別れているタイプ:スプリットタイプ

フィット感があり、つま先を伸ばした時に足裏のアーチをきれいにみせてくれます。

 

ソールが足裏全体にあるタイプ :フルソールタイプ

安定感があり、足裏の筋肉を鍛えたい方、キッズに向いています。

 

 

素材:革製、布製、つま先部分が革製など。

金額は 2,000円~3,000円が相場です。

 

素材や形に種類がありますが、今回はそのシューズのお手入れ方法について

ご説明いたします。

レッスン後のお手入れ方法

一見濡れていないようでも、足は汗をかいています。

濡れたまま、放っておくと、臭いやカビの原因にもなりますし、シューズが傷みやすくなるので、レッスンが終わって、家に帰ったら、シューズ袋からだして、風通しが良いところに干しておきましょう。

 

週1のレッスンなら1足でも間に合いますが、週2、3回だったり、発表会が近くなって、毎日のようにレッスンするときは、1足だけでは乾きにくかったり、傷みやすくなるので、もう1足購入するとよいでしょう。

2足あると、交互にはけて、どちらも長く使うことができます。

バレエシューズこんな時どうする?

たくさん履いて、たくさんレッスンしていくと、バレエシューズにも、あなたの努力の痕跡がでてきますよね?

 

大事なレッスンのパートナー バレエシューズも大事に使いたいですね。

少しの汚れやトラブルなら、捨てなくてもよい場合があります。

表面が汚れてしまった時

・布製の場合

濡らした固く絞った布で全体を手寧にふき、陰干しします。

・革製の場合

柔らかな布、革靴用の布にクリーナーや石鹸を少量つけてこすります。

最後に固く絞った布でふいたら陰干しします。

中敷きがはがれてしまった時

バレエシューズの中敷きはもともと剥がしやすく付けてあります。

上級者の中には、より素足に近い感覚で踊りたい人もいて、わざわざ剥がして使う場合もあります。

なので、はがれやすくなっています。

 

使っていて、はがれてきてしまったら、全部剥がして 布用ボンドで付け直しましょう。

ソールがツルツルになってしまったら

ソールは少し起毛しています。滑り止めのためです。

吐きこんで起毛の中にホコリや松脂(まつやに)が詰まってしまって起毛がなくなり、ツルツルになってしまうと、滑りやすくなり、危険です。

 

乾いた古い歯ブラシなどでホコリや詰まっているものを取り、ささっつと

毛羽だたせるようにしましょう。

バレエシューズの買い替え時

バレエシューズの寿命は何年とは決まっていません。

レッスン回数、レベルによっても傷み方が違います。

 

バレエシューズが傷むのはあなたが頑張ってレッスンした証。

つま先がすり減ったり、中敷きが何度もはがれたり、破れたり、修復不可能な傷や、一定期間使うと、臭いが消えなかったりもします。

 

バレエシューズは自分だけのものですが、レッスン中に先生が回ってきて、

足を直してくださったり、動きの解説をするなかで、足を触ってみてくださいますので、あまりにボロボロになるまで履かなくてもよいでしょう。

 

それから、足の甲のゴム部分も伸びきってしまうこともあります。

もちろん交換しながら履いても大丈夫ですが、シューズ自体の傷み具合をみながら、買い替えていきましょう。

 

バレエショップに行く楽しみにもなりますね。

新しいシューズを下すと、やはり気分も上がります。気分新たに、レッスンができること、それだけでも買い替えた価値がありますよね。

 

バレエシューズで強くなった足(踊るための筋肉がついたという意味)で、

次はトゥシューズを履けるようになりたいですね。

 

 

 

 

ad-1

ad-1

-バレエ関連, レッスンウェアーについて

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

バレエ教室にはいろいろな形態があります。

目次1 教室のタイプを選ぼう1.1 スポーツジムのフロアレッスン1.2 カルチャーセンターのバレエクラス1.3 個人のバレエ教室1.4 バレエレッスンの費用について 教室のタイプを選ぼう これからバレ …

バーレッスンの流れ

今回はバーレッスンの順番や流れをお話ししていきますね。 まずは、 全体のレッスンの流れをおさらいしてみましょう。 ①バーレッスン ②センターレッスン(ストレッチ・筋トレもあり) ③アンシェヌマン(短い …

夏のレッスンでもメイクが崩れない!おススメパウダー

久々のバレエネタです。 夏のレッスン、頑張って行かれてますか? レッスンも夏休み取るところ、多いですよね。 しっかり休んで、 次回のレッスンに備えていきましょうね!     ところ …

no image

バレエ用品がお買い得 チャコットまつり開催中

初めてバレエ用品をそろえるなら、一度はチェックしてもらいたいのは安心・安定の老舗ブランド「Chacott(チャコット)」 そのチャコットのオンライン通販サイトでチャコットまつりを開催中です。 2018 …

レッスンに必要なもの

目次1 レッスンの準備2 これだけは揃えておきたい5点セット3 バレエシューズのタイプ レッスンの準備 通ってみたいお教室、いくつか探せましたか? 1~2か所のバレエ教室が決まったら、 ①まず見学させ …