さだまさし関連

とうとう当たりました!生さだ観覧券!さだ祭り!

投稿日:2019年4月10日 更新日:

とうとう

当たりました!

 

生さだ始まって以来、

栃木、水戸放送局、何度か来ていただきましたが、

そのたびに観覧応募するも、

はずれてばかり。

 

「生さだ」ご存知ない方のために申し上げておきますと、

NHKでほぼ、月に1度、

土曜の深夜、厳密にいうと、明けて日曜の0時すぎから

地方の放送局やら、清水寺やら、

日光東照宮などの観光名所から、

エクアドルや、ポートランドなどへも遠征するという、

様々な場所で「生」で視聴者のおハガキをさだまさしが読み、

側に控える、

放送作家の井上知之さん、

音響効果の 住吉 昇さん、

おじさん3人でお送りしている、

なんとも低予算、

ですが、業界人のファンが多い、不思議な番組。

 

年の初めには、

紅白、行く年、くる年、

「年の初めはさだまさし」という、

NHKが送る、1年の最初の番組でもあります。

 

さださんが紅白に出ていた時は、

紅白後、生でさださんがハガキを読むという、過酷な

NHKがさださんにおんぶにだっこという時代もありました。

 

 

ちなみにこの番組観覧は、

地方の放送局の場合、

その近隣にお住いの方でないと応募できない決まりになっているので、

北海道の方が、

九州の生さだに応募しても、通らないようになっております。

 

 

いつになったら、

”生”のさださんに会えるのか、

そのうち、番組も終わってしまうのではないかと、ハラハラしておりました。

 

ここ数年、年の初めだけでなく、

3月の最後の土、日(日曜深夜)に、

一晩中、さださんがハガキを読み、

落語家が紙切り芸などやり、

ヴァイオリンの前橋汀子さんがヴァイオリンを弾いたり、

レキシの池ちゃんがさださん、超リスペクトして歌いすぎ、

流れ星が「肘神(ひじがみ)」さまの漫才したり、

なんとも 不思議な

年度末の締めくくりの番組をしているのですが、

 

その、「平成最後のさだ祭り!」

を、生で観覧することができます!

 

正直言って、

「超嬉しー!!💛」です。

 

行ってきます。

 

夜中、0時から朝4時までの

朝まで「生まさし」です。

 

行って来たら、レポート書きます。

 

みんな見てね~!

 

どこかに映るかも~!

 

 

 

来年度のために

行ってきましたよー!

 

見ていただけましたか?

って、私がどこに映ってたか?

分かる方はいないでしょう。

 

この番組、

YOU TUBEにも上がっていませんし(上がってたら、NHKさんに消されちゃうと思う)

NHKのオンデマンドでも見られません。

 

「生」でみるか、「録画」で見るかのどちらかのみ。

 

4時間超に及ぶ、クラシックあり、歌あり、コントあり、

の恐ろしく豪華な真夜中の

「さだ祭り」

初っ端の

高木ブーさん、から始まり、

なんと

渡辺 美里さん、さださんの生ギターで「片恋」を歌ってくださり、

服部隆行さんの愛娘で、今や飛ぶ鳥を落とす勢いの

大天才のヴァイオリニスト 服部萌音さん、の超絶技巧の生演奏

と、お父さん(服部 隆行さん)付き添いの貴重な二人。

 

ロバート秋山さんが、バブリーなプロデューサーで放置され、

スペシャルゲストさんの深夜の「生 天城越え」に震え、

スポーツニュース Going終わりの上田晋也さんと、

古坂大魔王さんが飛び入り参加。

 

落語の 柳家 三三(やなぎやさんざ)師匠、

コントのハナコ。

NHKの番組から、

「筋肉は裏切らない」の

筋肉体操の

谷本先生と生徒の筋肉3人組!

そう! 武田真治さんも来られてました!

 

たまたま、そのコーナーの近くだったので、

3人の美筋肉と、武田真治さんの素敵なお顔を拝見することができました!

 

そして、湘南乃風 「若旦那」こと、今やアコースティックで、

ライブを開いている、

近年めっきり「まさしファミリー」の新羅 慎二(にいらしんじ)さんがアコースティックギター1本で「雨宿り」。

 

ハリセンボンのはるなさんと友近さんのテンポのいい、

抱腹絶倒の二人のコントは、ほんとにレアでとにかく笑いっぱなし。

 

トイレに行く暇もなく、

次から次へと芸能人の嵐!

 

そして、

その間、視聴者のハガキを読み、

観覧席への呼びかけとトークなど、

まさし、凄い!の一言。

 

超貴重な体験をさせていただきました。

 

スタジオに入るまで

この、生番組の観覧席は400名。

 

まずNHKの西口玄関、NHKホール正面のほぼ真裏。

渋谷から来られた方が近いですね。

 

この日、雨が降っていました。

10時に集合、受付が始まり、

当選番号順にAグループ、Bグループに振り分けられ、

20分ほど、外で待機。(雨でたちんぼでした)

 

Aグループから中に通され、

ようやくBグループの番。

私はBグループだったので、後から館内へ。

 

観覧車は 「〇〇出演者」(メインじゃなく、サブ的な呼び名)という名札をもらい、

しっかり警備員さんにチェックしてもらい、中へ。

 

AとBで違う待機場所に案内され、

整理券の番号順に並ばされました。

 

整理券は、名前と番号をしっかりチェックされるので、

ハガキを持ってないと、アウトになります。

 

10時に受付開始から、

館内の待機場所に入ったのが、10時30分を過ぎていました。

 

待機場所には椅子もなく、暖房も効いてるかどうか、

ただ、観覧者でいっぱいになったので寒くはありませんでした。

 

ここから、スタジオに入るまでが、長いのなんの。

 

深夜のため、食堂も利用できず、

トイレが点在していて、

1カ所に集中しないよう、

職員さんが、付き添ってくださり、

トイレに案内してくださり、みんなが揃うのを待って、

待機場所へ戻る、という、なんとも不自由な待機時間でございました。

 

そして、ようやく

スタジオへ入ったのが、11時15分ごろ。

 

スタジオにはパイプ椅子が用意され、

正面に、さださん、住吉さん、井上さんのテーブルがあって、

スタジオに入ると、すでに住吉さんがいらっしゃいました。

(パイプ椅子については、当選ハガキの注意事項に

クッションなど持ってきてもいいとかいてあります)

(私は小さなクッションを持っていきました)

 

 

画伯の迫力のある、NHKホール、都内を描いた白板があり、

左正面には、桜の木が描かれたどでかいホワイトボード。

ホワイトボードの前に、1台のピアノが置いてあります。

 

 

Aグループが先にはいり、左奥の席へ。

私はBグループで スタジオの右端の席でした。

 

順番通りに座っていくと、

席にはペットボトルのお水と、

NHKのボールペン2本が置いてあります。

 

私の席は、左が通路になっていて、しかも、1段上がった席だったので、まっさんの姿も良ーく見える、絶好のポジション!

 

テンションあがりまくりです!

 

みんなが席について、

一通り、トイレも落ち着くと、ディレクターさんが、

前説をしてくださって、

なぜか「8時だよ全員集合」の踊り「エンヤーコラヤ、どっこいジャンジャンコラや」の振りの練習いたしました。

 

「この番組は、お客様の盛り上げがとっても大事なので、

ノリよく、元気に暖かく、拍手してください」と練習いたしました。

 

そして、出演者、さださんの姿が見えて、

「みなさん、4時間超えですから、決して無理しないでね。

寝てもいいからね、誰のところで休むか考えてね」と

声をかけてくれました。

 

「始まったらあっという間だよ」とも。

 

優しいよね~。

そういうところがまた、ステキ。

 

12時ジャストのニュースがスタジオに流れ、

 

「さだ祭りだよ!全員集合!」との掛け声とともに、

怒涛の4時間が始まりました。

 

教訓

暖かくして、行ってください。

集合から、スタジオ入りまで、が体力奪われる。

お腹一杯にしていくと、眠くなる。

実際、寝てる暇などないくらい、ゲストさんが豪華。

終わったら、

4時過ぎなので、歩いて渋谷までいくと、山手線の始発にちょうどいい。

 

朝、時間があれば、どこか24時間営業のお店で休む。

家に帰ったら次の日は休む。

 

実は、私、

30日も仕事、

次の日、31日も仕事だったため、

始発の次の電車で

家まで帰り、すぐ仕事に向かい、

翌日風邪をひき、

1週間 微熱、だるさ、咳、という、久しぶりの大風邪をひいて、

ヘロヘロでした。

 

せっかく、パワーをいただいたのに、

寝不足と寒さで、風邪ひいたなんて、

「生さだ」にハガキだそうにもだせません。

 

それでも、ほんとに超貴重な4時間を過ごさせていただいたこと、

感謝、感謝、感謝。

さださん、スタッフの皆様、豪華ゲストの方々に

御礼申し上げます。

 

本当にありがとうございました!!!

 

 

 

 

 

 

ad-1

ad-1

-さだまさし関連

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

さださんだってクリスマスソングあるんだい!

  さだまさしさんだって、クリスマスソングあるんです。   えっ?似合わない?   でも、雪といったら北海道。 北海道といったら、「北の国から」 「北の国から」と言ったら …

さだ丼お待ちどおさま

2021年4/21日 とうとう発売いたしました!2019年、セルフカバーアルバム「新自分風土記 Ⅰ・Ⅱ」に続き、  新 自分風土記 第3段  「さだ丼」    さだ丼 ~新自分風土記III~ …

「TUKEMEN」LIVE 2018 に行ってきました。

この記事を読んでいる方は もうすでに「TUKEMEN」をご存知かと思います。   何故なら、直接 「TUKEMEN」というキーワードで検索したりしないでしょう。 では、さだまさし 関連で偶然 …

さだまさし 45周年コンサート「Reborn~生まれたてのさだまさし」 これからのスケジュール

追記 目次1 神戸での延期の日程が発表されています。2 これからチケット発売になるコンサート2.1 コンサートツアー 以外のコンサートについて2.2 チケット購入方法3 まとめ 神戸での延期の日程が発 …

さだまさしさん 長崎で精霊流し ~2010年父 2016年母の精霊船を送る~ 

8/15日は さださんの歌でも有名になった、長崎の精霊流し(しょうろうながし)が行われます。   よく、あの歌のような しっとりと、静かなお祭りを想像される方もいらっしゃるかもしれませんが、 …